e-nrg

HOME / SAFETY

e-NRGは安全に配慮した
パッケージを採用しています。

FLAMMABLE
引火性液体

エタノールは引火性が非常に高い物質であり、
適切な手順に従わなかった場合、発火の危険性が高まります。

  • 保管

    e-NRGの保管許容量を守ってください(e-NRGは危険物第4類アルコール類に該当します。)

  • 大量に保管する場合

    e-NRGを保管する場合は、法例および各自治体の条例に従い、保管してください。

  • 安全にお取り扱いいただくために

    液体のバイオエタノールを燃焼させるように、設計されたエタノール暖炉にのみご利用ください。

    燃料缶を正しく使用し、EcoSmart製品の内部や近くに、火気など発火源になるものがないかどうかお確かめください。

    取り扱いは、使用方法をきちんと把握している方に限定してください。

    液体がこぼれたり、静電気が起きたりしないよう、適切な方法で移動させてください(ボンディングと接地)。

    適用される消防規則に従って、適切なラベル表示と警告表示を施してください。

  • 火気

    火花や裸火など、発火源になる可能性があるものを近付けないでください。

  • 液だれ/破裂

    e-NRGがこぼれたり、容器が破裂したりしないよう、気を付けて保管してください。

  • 換気

    e-NRGの保管場所は、常に換気の良い状態にしておいてください。

  • 危険

    エタノールは常温で可燃性ガスの混合気体を生成し、火花や裸火で発火するおそれがあります。

  • 火気

    火花や裸火など、発火源になる可能性があるものを近付けないでください。

  • 換気

    この燃料は、引火点の低いクラス3の引火性液体に指定されています。

  • ガス発火

    ガスが発火すると、容器が破裂して中身の液体燃料が激しく飛び散り、事故や大火事を招くおそれがあります。

  • 液体燃料

    液体燃料は短時間で大量の熱を放出する性質を持ち、概して高リスクの可燃物です。

    そのため、自動消火や初期消火の効果が低く、消防隊員による封じ込めも難しく、大規模な物的損害や傷害、死亡の危険性が高くなります。

  • IMPORTANT NOTE
    重要

    上記は、e-NRGの予期せぬ発火による物的損害や傷害、
    死亡の危険性を減らすために必要な注意事項です。